硝子絵ギャラリー崑ろん
ホームへ

硝子絵とは?

ご挨拶

アクセス

崑ろん1周忌追悼記念 硝子絵教室師弟合同作品展

ギャラリー

松本善造展

お問い合わせ

トピックス


私のこと
   
   私は三重郡朝日村で生まれ育ちました。
   二十歳までに六人兄弟の内の四人と死別しました。
   生を受けた以上誰しも死別を経験することとは言え
   何とわかりにくい現象であることでしょう。
   「生命や時間のつながりを表現したい」この想いが
   絵画と言う何物か判らない道に私を引き込みました。



絵を描くこと
   
   絵を描く作業は一人でやっているとは思いません。
   「何かによって描かされている」と感じています。
   動機付けをしてくれます。
   そうは言っても描くという意味合いは言葉で十分
   言い表せません。
   絵を描くとはいったいなんなのでしょうか。




私の想い
   
   「私はまぎれもなく真摯だろうか」この問い掛けが
   私の絵の根幹ではないかと想っています。
   これは自分自身に対していかに素直で有りうるか、
   と言うことです。
   絵画に接していただく時、心の抑揚を楽しんで
   いただける、且つ又新しい自分を見つけていただける
   そんな仕事をしたいと思っています。


松 本 善 造      

松本善造展のページへ戻る


「朝日村」シリーズ 松本善造展 入場無料 絵 画像